魅力的な土地、八郎潟町

魅力的な土地八郎潟町

古くから「願人踊」、秋田県三大盆踊りに指定されている「一日市盆踊り(無形文化財)」が毎年大々的に開催されています。
「秋田県で一番小さい町」ではあるが、魅力的な町づくりに意欲的な若者達を中心に開催される新しいイベントも定着しつつあり元気な町である。
2013年に誕生した町のキャラクター「ニャンパチ」も皆に愛され人気者になっています。

受け継がれる伝統

受け継がれる伝統

創業約90年。
1923年(昭和7年)創業。
初代・榮松、二代目・榮正、そして現在三代目・栄輝が店主を務めております。
開店時間は8時。
店主・栄輝と職人数名が暗いうちから店内奥の工場で作業が進められる。
季節の変化による「温度、湿度、水分」等にも柔軟に対応し微調整を欠かしません。「その日に作った商品は、その日に売り切り、作り置きはしない。」
少しでも納得がいかない場合は絶対に販売はしない。
これは受け継がれてきた意志の伝統、畠栄菓子舗の根本であります。

最上級の味を提供

最上級の味を提供

店舗に工場を併設する専門店だからこそ「どこにでもある味にしたくはない」という思い、また「お客様が出来たてを手に取った瞬間の温かさを感じて頂く」良さを大切にしたいと思っております。
自家製粉したもち米は地元の農家から、上質な小豆を使用など仕入れる材料ひとつひとつをとっても、最終的にお客様に納得して頂き、美味しさに繋がる吟味した原材料を使用しております。
また当然ではございますが、絶対に妥協しない商品提供の為に「品質管理」には万全を期しております。工場内の清潔さ、空調の設備、製造過程の最初から最後まで随時チェックする体制。当店の味を保ち、また向上させるよう毎日の積み重ねを大事にし、安心した商品の提供、品質向上にこれからも努力してまいります。